[PR] アスクル HAPPY DAYS 正直、前に進む生き方って 結構簡単で ものすごく難しいな 忍者ブログ

HAPPY DAYS

あ  し  た  は  き  っ  と  晴  れ  る  よ  ☆

2017.12.16 Saturday 12:15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、久々に、泣くほど凹んだ。
つまんないことだって、自分でもわかってる。

ほんとはずっと、気づけばいつも隣で笑ってるあなたが、羨ましかったんだ。



さて。
もうすぐCANTAのライブです。
だけどもチケットはまだ取ってません(ぇ。)
行こうかどうしようか、今になって地味に迷い中。
だって月曜日なんやもん。仕事なんやもん。
でもライブ会場限定販売のDVDは手に入れたいんだなー。
ま、当日券もあるやろうから、もうちょい考えよよよっと。


ってことで。
一昨日、日曜日はライブでした。

いやー、楽しかったです。
なんせトップバッターが、粒子音さんでしたから。

5da5bdb7.jpeg ←クリックすると、少しでっかく見れゆよ~。

うーん、どっかで見たことあるお顔。
某変態ロックバンドのベーシストに瓜二つ!!
わははははは。

初めて聴いた、いんぐりもんぐりのマイナー曲のコピーが面白かった。
短編集とか、曲ちゃうやん!って感じに。
ああ、音源をお伝えできないのが残念でなりません。

でもやっぱ、よせなべソング?とアニメソングは
兄貴がいないと始まらない、とか思いました。
変態っぷりが足りませんで、わたくし、欲求不満気味でございます(笑)


そんなこんなで、2番手は
情熱のロックバンド、リョータ氏のソロ弾き語り。

8a325dbe.jpeg ←クリックすると、少しでっかく見れゆよ~。

‥のはずが、あれれ??ギター持ってませんやん。

いえ、持ってました。
ちょいメロメロ気味ではありましたけども、素敵に弾かれておりました。
新曲のバラードが、すごく暖かくて、ココロにいいもの、もらいました。
マイクを通さない、そのまんまの声で聴いてみたい感じ。

私、ひそかに、『愛しい人よ』の直前のMCにやられたよ。

そんなこんなで、
いつものように、たくさんのお喋りと、4つの歌が終わったと思ったら

今日はまだ終わらないんだな。

って、なにごとー!
とか思ってたら、再び登場、粒子音さん。
なななんと夢の共演で、
情熱のロックバンド、Be quiet!アコースティックバージョンです。

07f54c3d.jpeg ←クリックすると、少しでっかく見れゆよ~。

なんか、オオカミさんと、脅えた子羊みたいな絵になってますが。
めちゃくちゃ楽しかったし、久しぶりに大好きな歌が聴けて、めちゃくちゃ嬉しかった。

ステージも客席もみんな笑顔で、キラッキラな瞬間をありがとう☆
ちょーはっぴーな、いちにちになりました♪


ってことで。
ライブ後は素敵なおかあさまと、可愛いおっちゃんとでお食事。
終電さえなかったら、ずっと一緒にいたかったです。
ほんま、楽しかった。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

某企画も、楽しみやね。
11月、後半あたりには決行できたらいいな♪
PR
 
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント

 
この記事にトラックバックする

この記事へのトラックバック

フリーエリア

Twitter / masaming130

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[01/24 優美]
[01/23 ひろりん]
[01/03 優美@管理人]
[01/01 いのり]
[07/28 優美@管理人]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
優美
年齢:
38
HP:
性別:
女性
誕生日:
1979/01/30
趣味:
落書き
自己紹介:


基本、へなちょこ管理人。



テレビはなくてもいいけど、

音楽がなくなったら生きていけない。

NO MUSIC NO LIFE

大好きな音に

支えられて生きてます。



必需品は携帯電話。

でもメールの返信率は非常に悪い。

ちょーめんどくさがりー。

ヤバヤバっすね。



宝物はタイヨウのお守り。

バーコード
ブログ内検索

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH